教会結婚式|東京ホテルウェディング・教会結婚式・披露宴 - セルリアンタワー東急ホテル

Wedding Ceremony
セレモニー

Wedding Ceremony at the Cerulean Tower Church
ふたりのHOME セルリアンタワーチャーチ

教会式の様子をスライドでご紹介

The Second Chief Pastor
Mark Phippard

セルリアンタワーチャーチ 二代目専任牧師 マーク・フィパード

当ホテル教会の二代目専任牧師 マーク・フィパード

幼少期より教会学校で聖書教育を受け、1982年、初来日。一時帰国後、キリスト教宣教のため1984年に再来日。東京ミッションインスティテュート卒業を経て、牧師としての按手*を受けました。
マーク牧師のキリスト教式は、その温厚な人柄と長年に亘って培われてきた宣教師としての経験が祝福に表され、感動を呼びます。
「前任者が築いてきたセルリアンタワーチャーチの歴史を継承し、同時に、新たな教会としての挑戦も視野に入れ、ご新郎、ご新婦、ご家族、皆々さまと、より深い関係を築いていくことを願っています。」按手(あんしゅ)*=上長(司教や監督など)や先輩の聖職者が、聖職志願者の頭の上に手を当て、自分たちが受け継いできた牧師としての権能や必要な賜物の授与と継承を神に願うこと。

Harmony
奏楽

教会結婚式・挙式の奏楽

オルガン、チェロ、オーボエの奏楽に、男性2名、女性2名の混声の聖歌隊による合唱が見事に調和し、美しいハーモニーとなって石造りの壁に響きます。
女性の美しい声に最も近いと言われる楽器オーボエに、チェロの男性的な低音の響きが支えるその調べは、おふたりが心を合わせて新しい幸せなご家庭を築かれることを象徴しています。
おふたりの門出を祝福し、幸せを祈るハーモニーが、皆さまの心に届きますように。
チャーチオリジナルセレモニーは毎月1回開催されているウエディングフェア「模擬結婚式」でご体験いただけます。

ウエディングフェアのご案内

セルリアンタワーチャーチでの挙式の様子
セルリアンタワーチャーチのセレモニーは、ホテル独自のオリジナルプログラムです。「My life changes to our life. “わたし”の人生が“わたしたち”の人生に変わる」。この聖書の言葉をコンセプトにセレモニーは進行します。 新郎新婦それぞれの家の灯を、ふたりの作る新しい家の灯に一つに合わせる「ユニティー・キャンドル・セレモニー」をはじめ、男声から始まる旋律に、 女声が続き、最後は男声、女声の合唱となる演奏にもコンセプトの意味を込め、おふたりのたいせつな誓いのシーンを盛り上げます。
チャーチの扉が開けば笑顔の新郎が新婦を待っています
祭壇に降り注ぐやわらかな陽の光が花嫁を祝福します。
挙式後は緑あふれる中庭でフラワーシャワー
挙式後は緑あふれる中庭でフラワーシャワーをお楽しみください。
教会内にキャンドルを灯してのクリスマス礼拝
クリスマスにはキャンドルを灯してクリスマス礼拝を行います。
挙式時の花々の香りはいつまでも心の中に
フレッシュな花々は香りの記憶としていつまでも心に残ることでしょう。
挙式・結婚式の式場パノラマビュー

Panorama View
パノラマビュー

詳細はこちら

Recommended Wedding Fair
おすすめウエディングフェア情報

ウエディングフェア一覧はこちら